自分がサラリーマンをやっていた頃の奴隷生活を最近不意に思い出すことがあります。 「責任者なのだから(やるのが当たりまえ)」という理不尽な大義名分のもと、様々な厄介事は各支店の責任者に押し付けられていました。