こんにちは武田です。

ストレス解消の為スポーツジムに通いだして
5年以上が経ちます。

運動することがストレス解消につながることは
医学的にも証明されており周知のことですが、
私の通うジムにもストレス解消を目的とする(と思わしき)
中高年のサラリーマンらしき人がたくさんいます。

運動はせずジムのお風呂を銭湯代わりに
通う人もいれば、黙々と身体を鍛える人もいます。

ほぼ毎日のように通っていると、
名前は知らなくとも顔は観たことがある人が
数多く増えていきます。

その中に私が忘れられないおっさんがいます。
そのおっさんに私はめちゃくちゃ怒られた
過去があります。

しかも初対面で・・・・

 

ある日、いつものように私がロッカールームで
着替えをしていると、遠くの入口付近から猛烈な怒鳴り声が
聞こえてきました。

「あんだぁ この野郎ぅ す#$えds・・・ごるぁー!」

何を言っているかは判りませんが、ものすごい剣幕で
どう考えても喧嘩をしているようにしか聞こえません。

「このヤロ・・ど6$WT%・・・だっ・・このやろぅ・・」

その声は一歩一歩どんどん近づいて来ます。
喧嘩しているような怒鳴り声ですが、
おかしなことにどうも声の主は一人です。
上司と部下の関係かなにかで一方的に
やられちゃってるのでしょうか?

一方的に攻撃してるにしても、普通は相手の反応を確かめる
”間”があるはずで、怒鳴る言葉と言葉の間には
一呼吸、二呼吸”間”があります。

しかしこの人達の喧嘩にはそれが無く、
どちらかが一方的に怒鳴り散らし、
どちらかが一方的に怒鳴られているようでした。

別に怒鳴られているのは私ではないので
恐怖は感じませんでしたが、なにか妙な
嫌悪感が私の中に生じていました。

そしてその声の主がロッカーの列から姿を表した時に
謎は解けました。

喧嘩をしていたと思われる人々は、
人々ではなく一人の”いかつい”おっさんでした。

おっさんは私のロッカーの前の通路まで来てもなお
怒鳴り散らしています。

「この馬鹿ヤロっ・・##$”%&$っだこのやろっー」

その姿は、さながら客席で暴れ狂う
全盛期のタイガー・ジェット・シンのようです。

頭にターバンも巻いていません、
サーベルもくわえていません、
顔も日本人ですが、でもその雰囲気は
タイガー・ジェット・シンのものなのです。

 

『こういう人と目を合わせてはいけない』

 

本能的にそう感じたおっさんのいる方角から
視線を外し、着替えのピッチを上げます。

『とっとと着替えていますぐこの場から離れ、
この燃え盛るおっさんの火の粉をあびないように
しなくては!』

パンツを履き左足の靴下を履いたその時でした。

怒鳴り声の方向が急に私に向かってくるのを感じました。
反射的におっさんのいる方を見ると、
一直線に私の方へ向かってきます。

『えっ! おれっ? なんで?』

一瞬たじろぐ私。

おっさんは私に向かって怒鳴り声を上げながら
のしのしと歩いてきます。

初めて会ったおっさんに何もしてない私が
怒られる理由はないのですが、怒り狂った人が
突進してくると流石にしりごみします。

『うはっ 殴られる?』

そう思った次の瞬間・・

おっさんは私の隣のロッカーの扉を開き、
怒鳴りながら着替えを始めました。

とりあえず殴られずにほっとする私の姿など
眼中にもなく、おっさんは怒鳴りながら
着替え続けています。

近くで着替えていた別の男性の方と目があうと、
「こまっちゃうよねぇ」と言わんばかりの
苦笑いを浮かべていました。

おそらくこの方も私と同じ思いをしていたのだと
思います。これはもう・・ほとんど迷惑行為ですね。

あとで聞いたことですが、このおっさんはこのジム内で
結構有名らしく、一人で怒りながらわめいている姿が
何度も目撃されているそうです。

危害は加えないそうですが、回りにいる人によっては
私のように脅威に感じる人も少なくないはずです。
どう考えても精神衛生面で正常とは言い難いです。

私は臨床心理学専門家ではありませんが、
このおっさんは職場や家庭でかなり
ストレスを溜め込んでしまっているのではないでしょうか。

最初は愚痴だったのが、自分の想像内での反発を
独り言で愚痴るようになり、それがエスカレートして
”大音量での独り言”=”一人喧嘩状態”になったと
想像されます。

このおっさんほどのレベルではないけれど、
ブツブツと独り言で怒っている人は
このジムでも何人か見たことがあります。

独り言と言えば独り言なのですが、
”心の声がちょっとだけ漏れちゃっている”という
レベルからは程遠いけっこうな音量です。

誰かに話しかけているくらいのボリュームなので
近くを通るとつい振り向いてしまうでしょう。

恐らく彼らを襲う、過剰なストレスが要因なのでしょう。
現代人の多くは病んでいるんです。

おっさんにも、
「独り言を言うのはやめて、もっと体を動かすことで
ストレス発散しなよ」
と言ってあげたいですが、殴られそうなので
調節言うのはやめておきます。

独り言が悪だとは言いませんが、
あまり度が過ぎると、迷惑行為にもなりかねません。
独り言の音量には注意したほうが良いかもです。

ストレスが元で誰かを傷つきてしまってからでは
遅すぎます。
あなたも普段からストレスの度合いに注意して
適度な運動を継続しましょう。