こんちには武田です。

サラリーマンが仕事に精を出し、社内で成長すれば
多くの場合本人が望む・望まないに関わらず管理職になります。

私もサラリーマン時代にそうなりました。
いわゆる中間管理職です。

管理職と言っても、責任と義務ばかりを押し付けられ
権利を行使することや主張することはできません。
少なくとも私がいた環境ではそうでした。

少ないながらも部下と呼ばれるものもでき、
一見偉そうに見えるのでしょうが、
実際はうるさい上司もいるわけですから
よく言われる上司と部下との板挟み状態ですね。

リーダーとしての能力うんぬんとか
言う方もいるでしょうが、上司や部下との
相性とか部下の能力とかによっても
管理職の評価は変わってくるでしょう。
(私がいた会社では、いかに上役に媚びを売るかで
 評価が変わるという環境でしたが)

誰かの上司である中間管理職にもまた上司がいて
その上司にもまた上司がいて、
そうやって会社の組織図をさかのぼっていくと
最後は代表取締役にいきつきます。

リーダーのリーダーの・・・・リーダーのリーダーです。
つまりリーダーの大ボスです。
このリーダーの大ボスがしょぼいとちょっと問題です。

大ボスがしょぼくても部下の”デキる”リーダーに任せられれば
実際は問題無いのですが、しょぼいくせに自分で仕切りたがる
大ボスはかなり厄介です。

実務なんて分からないくせにあれこれ口出ししてきます。
大ボスが言うことなので、その下の階層のリーダー達も
一生懸命従おうとします。
そのまた下の階層のリーダー達も同様に一生懸命です。

ところが大ボスはビジョンや理念など持ち合わせていないので
言うことがコロコロ変わり、下層のリーダー達は混乱します。
そんな状態で会社の業績なんて上がるわけがありません。

そしてそんな中いつも責められるのは・・・・そう
リーダーの中でも弱者である中間管理職なのです。

あなたの会社ではトップのビジョンや理念が
共有されていますか?社員が同じ方向を目指していますか?
会社のトップがしょぼくれリーダーじゃないですか?

もしあなたがそんな会社の中間管理職なら
一気に脱力してみてください。
過度に責任を感じないでください。
いい意味で楽に仕事をしてみましょう。
上司の小言など関係ないのです。

もしあなたがそんな会社で中間管理職のポストに
登用されそうになったら、慎重に考えましょう。
時には固辞する必要もあると思います。

いい加減に、なおざりに仕事に向き合えと
言っているのではありません。
仕事はほどほどにして楽に行きましょう。

あなたがどれだけ頑張っても、組織のトップがアホだと
あなたの努力の大半はムダになります。
将来の為に少し力を温存しましょう。
突然のトップ交代は現在では珍しくありません。

楽に楽にいきましょう。
いつも全力では最後に倒れてしまいますよ。