こんにちは 武田です。

何かに取り組もうと思ったり、新しい習慣を身に着けようとしても
思うだけでなかなか実践することができなかったりするものです。

「明日から毎朝早起きしてジョギングをしよう!」

と心に決めても翌朝目覚ましがなった時には

「昨日は忙しかったから眠い・・早起きするのは明日から・・・」

となります。
そして、数時間後に起床した際、

「俺は意志が弱い人間なんだ・・・゚(´;ω;`)ウッ…」

なんて自己嫌悪に陥ったりします。

いざ新たな挑戦、行動に動こうとしても
現実にはなかなか動き出すことができないものです。

それは、人間の持つ恒常性にも関係していると言われます。
恒常性というのは、様々な環境の変化に対して内部状態を一定に保って
生存を維持する現象のことです。ホメオスタシスとも呼ばれます。

例えば、気温が高くなった時に人が汗をかくのもそうですね。
体内から出た汗が蒸発するときの気化熱で体を冷やし
体温が上昇することを防いでいる、
つまり、外部の変化(気温の上昇)に対して
一定の状態(平熱)に保とうとするわけです。

初めて何かに取り組もうとしたり、
新しい習慣にトライしようとした時、
この恒常性が自然に発動し、私達の成長を妨げようとします。
(本能が、今までと違うことをしようとしている自分に対して
今までと同じことをして過ごすように無意識にブレーキをかけます。)

人間が生きるシステム、つまり本能の中には
そんなものが組み込まれています。
生命の維持という側面では絶対必要な機能ですが、
こと成長を目指す私達には迷惑極まりない機能です。

さて、あなたにも私にも、
そして既に成功を手にしている人たちにも
この恒常性というシステムは存在するわけで、
新しいことに挑戦したり習慣付けするときの
心のブレーキに抗うためにはこの恒常性の壁を
乗り越えなければなりません。

しかし、安心してください。
既にこの記事をここまで読んだあなたには
その能力の一端は身についていると言えるのですから。

今後、もし心のブレーキが作動しそうになったら

「あ 恒常性が作動しているな」

と気づいてください。

「ホメオスタシス発動中!」

と察知して下さい。

恒常性について既に知っているのですから
あなたにはそれが可能なはずです。

「明日から毎朝早起きしてジョギングをしよう!」

と心に決め眠りにつき、翌朝目覚ましがなった時に

「昨日は忙しかったから眠い・・早起きするのは明日から・・・」
と感じそうになったら、

「あ 恒常性が作動している ブレーキが作動中だ」

と悟ってください。
おそらくすぐに二度寝の罠から抜け出すことができるでしょう。

万一、恒常性の罠にハマって二度寝してしまったとしても

「俺は意志が弱い人間なんだ・・・゚(´;ω;`)ウッ…」

なんて自己嫌悪に陥ったりは決してしないでください。

自己嫌悪に陥ったり、自己否定したりすることは
絶対にしてはいけません。絶対にです。
そんなことしても誰も幸せにはなりません。

その日はただ単に人間の本能に負けてしまっただけですから、
再度挑戦すれば良いだけです。

ただし、その日あなたが恒常性の罠に負けてしまったという
事実は十分認識してください。

「人間の本能なんだからしょうがないよね アハハ♪」
「ホメオスタシス発動しちゃうし やっぱ無理だよね~」

ではちょっと困ります。

「今日は恒常性の罠にやられちゃったけど
次は必ずやり遂げるぞ!」

と強い意識を持ってくださいね。

恒常性について今日はお話しました。
恒常性という本能のシステムの存在を知るだけで
あなたの挑戦を阻む障害の一つを取り除くことが
できるはずです。

ぜひ、上記を理解した上で新しい習慣、行動に
取り組んでみてください。