成功した人に共通して言えることは、

失敗から成功までのサクセスストーリーを

必ず持っているということです。

 

ビジネスで成功した、スポーツで成功した

あるいは、芸能の世界で成功したなど

成功した人のサクセスストーリーには

ある一つのお約束キーワードが

存在します。

 

そのキーワードとは『○○があったから今がある』です。

 

この”○○”に当てはまる言葉には、

挫折や障壁にぶつかった経験が当てはまるケースが

多いです。

 

選手生命を脅かす大怪我、

大切な人との悲しい別れ、

予期せぬ事象による人生の転落、

信頼していた人の裏切り、

自分自身のおごりが生んだ失態、

好まざる人間からの妨害・・・・etc。

 

どの分野、どんな世界の成功者でも

挫折や障壁に一度も進路を阻まれずに

成功を成し遂げたした人はいません。

 

大なり小なりそれぞれその道の壁を

乗り越えた先に成功が生まれています。

 

では、”成功した人”と

そうでない人、つまり”成功していない人”

がこれらの壁をどのように捉え、考えていたのか・・・

 

  • 成功した人

 『この障害を乗り越えれば自分はまた成長できる』

 『人生に無駄な経験はない!必ずこの挫折も将来に活かせる』

 『(失敗して)いい経験をした。次はうまくやろう』

 『自分の価値はまだ市場に受け入れられていないのだ

  もっと価値あるもの(商品)を提供しよう!』

 『今回は駄目だったが、何が悪かったかが理解できた。

  次回はその部分を改良して再チャレンジしよう』

 

  • 成功していない人(まだできていない人) 

 『うまくいかなかった。もうダメだ・・・』

 『□□のせいで失敗した。□□のせいだ(□□が悪いんだ)・・』

 『もう無理。また失敗するのが怖い・・・』

 『どうせうまくいかないと思ってたんだよ・・・』

 

挫折や障壁に向き合った際の

”成功する人”と”成功していない人”

それぞれの心理状態は上記のような感じです。

 

成功する人は、挫折や障壁、失敗した経験に対して

非常にポジティブです。

常に前を向いて次の機会に経験として活かすことだけを考えます。

 

他方、成功していない人は失敗したことだけに

フォーカスして自分を責めたり、他人のせいにしたり

必要以上にネガティブに考えます。

 

ネガティブに捉えるがあまり、

「次も失敗したらどうしよう・・・」と臆病になり

次回へのチャレンジをためらいます。

せっかくの経験が生かされず終わってしまうのです。

 

ですが、こういうネガティブ思考の経験・・

あなたにも自覚はあるのではないでしょうか?

 

挫折や障壁を乗り越える為に必要なのは、

まずこの失敗に対するネガティブ思考です。

 

大切なのは失敗を恐れず経験(肥やし)とすることです。

 

「言うのは簡単だけど、実際ポジティブに考えろって言われても

 そんな簡単に考え方を切り替えられないよ・・・」

 

とあなたは思ったかもしれません。

そこで冒頭のキーワード

『○○があったから今がある』の登場です。

 

ですが、これは成功した後にあなたが言う台詞ですので、

現在進行形に変換して『○○があるから必ず成功する』とします。

○○には挫折や障壁や失敗の内容が当てはまります。

 

『この怪我をしたから、(リハビリを乗り越えて)必ず成功する』

『上司にむちゃくちゃ叱責されたから、

   (次回は改善して)必ず成功する』

『全然売れなかったから、(商品改良して)必ず成功する』

こんな感じで。

 

当然成功した後にあなたはこう言います。

 

『あの時怪我をしたから、(リハビリを乗り越えて)今がある』

『あの時上司にむちゃくちゃ叱責されたから、

   (次回は改善して)今がある』

『あの時全然売れない経験をしたから、(商品改良して)今がある』

 

挫折や障壁を乗り越えた数だけ成功に近づきます。

失敗を楽しむというのはさすがに無理かもしれませんが、

失敗を恐れたり、極度に避けるべきではないでしょう。

 

誰もが経験する挫折、障壁だからこそ

うまく折り合いをつけて付き合っていく・・・

その為にも挫折、障壁を乗り越えるキーワードを活用して

一歩ずつ前進していくことが大切だと思うのです。