angry-man

情報発信がアフィリエイトで稼ぐためには
不可欠なものであることは言うまでもありません。

しかし、多くの方が、この情報発信に対して
苦手意識をもっており、挫折する人のほとんどが
情報発信(ブログ、メルマガの記事更新)が止まって
そのまま辞めてしまうパターンです。

今回は、この情報発信について
記事にしてみました。

情報発信というものは、
『インプットとアウトプットの連動』
これに、『自分のビジョンに伴う考察』を絡めた
一連の流れになります。

つまり、

『インプット(情報入力)』、
『ビジョンに伴う考察』、
『アウトプット(出力)』、

jyouhouhassin

この3つが直線的な流れとなって
成立するものなのです。

 

『インプット(情報入手)』

まず、発信する情報の元となるいわゆる
”ネタ”、”元情報”、あるいは”事象・事例”などを
見たり、聴いたり、読んだりしてインプットします。

自分が体験した日常の習慣や、
たまたま遭遇した出来事などで
発見したことや感じたことも情報の一種です。

テレビや、書籍、ネットの情報以外にも
あなたの生活の身近に情報はあふれています。

ニュースや時事ネタ、ハウ・ツー(how to)ものだけが
情報ではありません。
幅広い視点で情報を入手する意識を常にもちましょう。

『ビジョンに伴う考察』

インプットした情報を、
自分の頭の中で自分の信念や理念、
ビジョンなどに照らし、頭の中で考察します。

良いと思うのか、悪いと思うのか、
何故そうなのか、どうしてそうなったのか、
今後どうなっていくのか、どうするべきなのか、など
脳みそが汗をかく位真剣に考えていきます。

頭の中で、情報をドロドロに溶かすイメージですね。

考えぬいた末に生まれた理論などの自分の考えを
新しい情報としてまとめていきます。

自分はどう思うのか?何故そう思うのか?
どうすれば良いと感じたのか?
どうするべきだと思っているのか?
など、考えをまとめていきます。

溶かした情報を、自分のビジョンを使って
新しい情報に成形していくイメージです。

『アウトプット(出力)』

そして最後に、アウトプットです。
自らの考察でから生まれた、新しい情報を
自分の媒体で発信していきます。

自分の言葉を使い、分かりやすく噛み砕き
読者に伝える、伝わりやすい文章を心がけます。

新しい情報に生まれ変わった自分の主張を
箇条書きでも良いので書き出し、
肉付け、要約、推敲を繰り返して
徐々にブラッシュアップしていくと良いでしょう。

あなたのビジョンによってかたどられた
新しい情報を、あなたの言葉で磨き上げ、
完成品にしていくのです。

 

これらの一連の流れによって
情報発信は完結します。

「自分の記事は、しょーもない情報しかない」、
「記事の内容が無いよう」、
「どうしてもリライト記事になってしまう」、

って人は恐らく、

『ビジョンに伴う考察』を疎かにしている

のだと思います。

情報は、私達がどうこうせずとも
身近に溢れかえっています。

それらをあなたが、
『どのように捉えるのか』、
『どのように考えるのか』、
によってその情報は、
『あなたの情報』に生まれ変わります。

自分の考えって言っても、
「そんなこと今まで意識したことない」
って人もいるかもしれません。

ですが、脳みそに汗をかいて頭を働かせるのと
働かせないのでは、
今後、あなたの収入を大きく左右することになります。

どこかの誰かが書いた記事のリライトや
コピペまがいの記事を書いているだけでは
読者を集めることは不可能です。

元ニューヨーク市長で大富豪
マイケル・ブルームバーグ氏もこう言っています。

『最も辛い労動は考えることだ』

と。

kangaeruhito

 

頭を使って考えることは、一見楽そうに見えて
実は最も辛い労動で誰しも避けようとします。

しかし、頭を使うことから逃げていては
その他大勢と変わりません。

そのた大勢から抜け出し、あなたの情報発信にも
『ビジョンに伴う考察』
を取り入れて見てください。

きっと記事の内容は
ガラッと良くなるはずですよ。