moji

『ブログの記事の文字数はどれくらいが必要ですか?』

初心者の方で、ブログを作り始めたばかりの方に
多い質問です。

いろんな教材やレポート、個人のブログ等で
記事の文字数の目安についてはいろんな人によって
いろんな考えが述べられています。

「800文字を目安に!」
「いやいや1000文字は最低必要だ!」
「1500文字程度は書いてあったほうがいいです。」
「2000文字を超えると、読者に読んでもらえなくなる。」

人それぞれで主張する文字数も様々です。

でもこの文字数の目安って、
どこから、何を根拠に
みなさん言っているのだと思いますか?

答えは、SEO、つまり検索順位で上位表示される為に
こうあるべきだろう・・・っていう個人の仮説を元に
それぞれが主張しているものです。

つまり、Google が最適な記事の文字数をどれくらいと
考えているかを憶測し、目安としている数字なのです。

まぁ、ブログやサイトの運営をしている人間なら
検索結果で上位表示されたいと思うのは当然だと思います。

では、当のGoogleサイドは実際どんな考え方なのでしょう?

Googleの社員の方が、ウェブマスター向けのフォーラム
サイト運営者の質問に次のように回答してます。

『ページ上のまたは、記事内の語数をgooglebotが
カウントしているわけではありません。~(中略)~
私がアドバイスするとすれば、コンテンツは、
ユニークで(自動生成や書き換えられていない)
高品質であることを確認するべきだ。』

つまり、Googleは
文字数自体でコンテンツ評価はせず、
オリジナルかつ質の高いコンテンツを評価する
ということです。

Googleは、あくまで価値のあるサイトを
上位表示させようという評価方針です。

つまり、検索ユーザーが知りたいと思うコンテンツを
提供するサイトが有利であるということです。

文字数自体の「多い、少ない」は
気にしすぎる必要はないでしょう。

ただし、
ユーザにとって価値のあるコンテンツ
を作成していかなければなりません。

記事の中身は主に、
問題(テーマ)提起、結論、根拠(理由)、方法(主張)、総評
これらの要素で構成されると思います。
(もちろん記事の内容によって変わるとは思います)

これらを、読者に伝わる文章で記事を構成すれば、
大抵のテーマは、1,000文字程度軽く超えてしまいます。

初心者の方は文字数だけに圧倒されて、
『そんなに多く書けません』
『何を書いていいか浮かびません』
という事をよく聞きます。

ですが、相手が読んで理解できるように
文章で伝えるということを単純に
問題(テーマ)提起、結論、根拠(理由)、方法(主張)、総評
の順で述べていけば、少ない文字で完結させるほう
難しいと感じるはずです。

また、
『文字数が多すぎると読者に読まれない』
という心配も要りません。

読者が読まないのは、文字数が多いからではなく、
「記事がつまらない」、「何が言いたいのか分からない」
からなのです。

面白い記事や、筆者の理念や主張が詰まった記事は
読者を惹きつけます。例え文字数が3000文字でも
記事に惹きつけられれば読者は最後まで読んでくれます。

いえ、むしろ最後まで読まずにはいられないでしょう。

 

いずれにしても、
文字数自体を気にするのではなく
記事の中身、コンテンツを充実させる必要がある
ということです。

とは言え、今まで自分から何かの媒体を使って
情報発信などしたこと無い人には、
記事を書くことって最初は苦痛に近いものかもしれません。

自分で読んでも、何が言いたいのか分からなかったり、
相手に伝わるか自信が持てないと思います。

ですが、それは誰もが通る道だと思って諦めてください(笑)

冗談ではなく、どんなにプロ並みの
ライティングスキルを持つ人も
最初はとんでもない文章を書いているものです。

書くことから逃げていたら、いつまでたっても
上手く書けるようにはなりません。

毎日いえ、2日に1記事でも継続して記事を書いていれば
必ず文章もうまくなっていきます。

自分の書いた記事を自分で読んでがっかりせずに、
「現在ライティングスキル上昇中!」
なのですから今は気にせずに、継続していきましょう!