timeloss

サラリーマンでも学生でも主婦の方でも、
『日々の自己スキルを高める行動』
が重要だということを認識している方は少なくありません。

にも関わらず、実際にはなかなか行動できない(しない)
という方にその理由を聞くと、圧倒的に多いのが

『時間が無い』

です。

確かに、私達の身近で唯一有限であるものが
「時間」
です。

「時は金なり」と言われる通り、成功者は例外なく
この「時間」という有限な資産が最も重要なものである事を
認識しています。

反面、我々凡人は時間の重要性を頭では認知していても
潜在意識のレベルでは理解出来ていません。

つまり、
『この世で唯一有限なもので貴重である物』
と問われれば迷わずに、

『時間である』

と答えられますが、
実際の生活では時間を無駄に使い浪費しているのです。

では、そんな時間を浪費してしまっている私達凡人が
『日々の自己スキルを高める行動の為の時間』
どうやって確保することが出来るのでしょうか?

一日の時間は、世界のどこでもだれでも平等に
24時間と決まっています。

あなたが、「もっとほしい!」と空に叫んでも
決して増えることはありません。

24時間という最大値が決まっている中で、
今まで0だった(若しくはそれに近い)値を
1時間とか2時間とかにするには、
当然別の何かの値を減らさなくてはなりません。

サラリーマンでも学生でも主婦の方も
確かに日々忙しく活動され、
『時間が無い』と言いたくなることもわかります。

ですが、ちょっとだけ自分の一日のタイムスケジュールを
紙に書き出して見てください。
あなたの一日の生活時間の中で、削る時間がないかを
再確認してみましょう。

だらだらテレビ見てませんか?

個人的な考えですが、
テレビは最も私達の成長を妨げるアイテムの一つ
であると思います。

だらだらテレビを見ていると
情報を受動的に入力することになります。

見たい番組も特になかったのに
気がつけばだらだらとテレビを見ていた
という経験はあなたにもあるでしょう。

だらだらと見るテレビ番組で得られる情報の大半は、
あなたの成長の助けにはなりません。

見たい番組があればリアルタイムで見ずに、
かたっぱしから録画しておきましょう

録画しておけば、後で好きなときに見ることが出来ます。
中には見るのを忘れてしまうものや、録画したことすら忘れている
番組も出てきいます。

そういった番組は、所詮その程度の番組ですので、
とっとと録画消去してしまいましょう。

たったこれだけでも、”テレビのだらだら見”を抑制することができ、
かなりの時間を確保できるはずです。

たっぷり夢の中で過ごしてませんか?

人間の生活において、睡眠時間は非常に重要です。
良質な睡眠を取ることは、我々の活動には欠かせないことです。

理想とする睡眠時間については、5時間とか、8時間とか
諸説言われています。

私も、8時間寝ないと十分寝た気にならない方でしたが、
徐々に睡眠時間を削って、その分深い睡眠を得る工夫をしたことで
6時間程度の睡眠でも今では十分寝たと感じることが出来ます。

極端に寝る時間を削ることは、健康を害するおそれがありますので
程々にするべきだと思いますが、一般的な成人なら5~6時間程度
寝れば十分では無いかと思います。

睡眠時間を8時間 → 6時間に減らすだけでも
2時間ゲットする事ができます。

寝過ぎは脳の働きを鈍化させる原因にもなります。
睡眠時間のとりすぎには注意です。

毎日晩酌してませんか?

「これだけはやめられない!」
という人も多いと思います。

特に、生活に刺激がなく、
会社と自宅を行ったり来たりの生活を送っている人にとって
帰宅後の一杯は至福の一時だと思います。
私もサラリーマン時代は、毎日の日課になっていました。

しかし、帰宅後、入浴+晩酌+食事 のコンボとなると
もう仕事や勉強なんてする気になれません。

と言うか、する気がないから飲むのかもしれません。
潜在意識ではきっとそうなのです。

『今日は飲んじゃったから やらない』
と自分に言い訳をしますが、

本当は

『今日はやらない!ってことにする だから飲んじゃおう』
と潜在意識で脳みそが誘惑しているのです。

潜在意識で脳みそが行っている誘惑に負けては行けません。
お酒自体が悪いのではなく、メリハリを付けさせない
脳みその誘惑が悪いのです。

肝機能維持のためにも、毎日の晩酌は避けて
帰宅後の時間確保につなげましょう。

細かい時間を切り捨てていませんか?

通勤途中や移動の際、電車の窓の外を眺めて
ボーっとしてたりませんか?

移動中の車内(電車の場合)や
休憩時間など、ちょっとした合間の時間を
有効に活用してみましょう。

目的もなくスマホをクリクリいじっているなら、
本を持ち歩き、時間があれば本を開きましょう。

合間の時間が5分でも10分でも、
それが一日6回あれば
1日あたり 10分☓6=1時間。

1ヶ月20日勤務としても 20時間作れます。
一ヶ月でほぼ丸一日の時間が確保できるのです。

チリも積もればなんとか・・・・で、
ちょこっとでもスキマ時間を有効に活用していきましょう。

 

こんなかんじで、
あなたの一日の生活時間を
もう一度見つめ直して見ましょう。

結局、『時間が無い』というのは、
私達の脳みその怠け者の領域が
私達自身を上手に騙すウソなのです。

「時間がないから、本なんて読む暇がない!」
(でもテレビを見る時間はたっぷり)

「最近寝不足で、ブログも更新できないよ」
(毎日8時間は寝ないとね♪)

あなたの脳みそは、都合のいいウソをついて
私達自身を学習や鍛錬など成長するための行動から
私達を遠ざけようと悪だくみに必至です。

頭の中だけで物事を整理しようとすると、
脳みその悪だくみにハマってしまい
成長する為の行動が出来ません。

『時間が無い』という人は、
一度タイムスケジュールを紙に書いて
自分の時間の使い方を改めて見ることをオススメします。