concentration

最近、強く実感することが有ります。
「集中力が人の行動結果を左右する」
ということです。

 

私は、子供の頃から「落ち着きのない子」でした。

寝ている時、テレビを見ている時以外は
いつも別のことに気を取られていました。

食事中も、トイレの最中も、勉強中も(あまりしてませんが)
いつも取り組んでいることに集中出来ずにいました。

なので、周りの子供と比べると作業自体も遅いし、
結果もいつも不十分でした。

当時はあまり自覚なかったのですが、
かなりの落ちこぼれだったと思います。

そして、学生時代を経て社会人になり、
奴隷生活から逃げ出した現在、
どうなったかというと・・・・・。

 

全然変わってません( ̄▽ ̄;)

 

自分で言うのもなんですが、私は
集中力なさすぎな面で、非常に残念な人間です。

ブログの記事の作成でも、平気で2時間とか掛かります。
(マジですw 「2時間かけてこの程度か」とかなしです)

普通の人(?)は、30分位で1記事書いちゃうそうです。

まぁ早く記事を書くことを競っているわけでは無いので、
中身の薄いペラ記事作ってもしょうがないと割りきっていますが。

ですが、集中力が無いせいで人の倍以上も時間が掛かってしまうのは
問題です。早急に改善が必要です。

単純に能力の一部として集中力を上げるのはまた別の機会にするとして、
集中力が散漫になる外的要因を検証し、それらを排除する方向で
考えて見たいと思います。

作業空間の整理整頓

インターネットを使った作業ですので、
基本的にパソコンが設置してある机が
私の作業空間となります。

読書とか、いろんな事をノートに書き込んだりすることも
このPC机でやります。

このPC机の両脇には、サイドテーブル的な台が
設置してあるのですが、
現状、書籍がいっぱい積み重なっています。

これらが、作業中目に入り、手にとってしまったりします。
一旦手に取ると自然と中身を読むという本来の作業とは
別の行動をとってしまいます。

集中して作業する環境にふさわしい訳がないので、
これらを整理整頓し、本来の作業に関係ないものは
作業中の視野から排除します。

また、スマホも誘惑の塊です。
作業中は、マナーモードで音を出させないようにし、
目につかないところに置いておきます。

不用意にブラウザを立ち上げない

もともと集中力が無い為、作業中にも関係の無い
どうでもいいことがよく頭をよぎります。

ヨーロッパサッカーの試合結果とか、
最近注目されているアイドルのプロフィールとか
芸能人のスキャンダルの詳細とか。

頭に浮かんでも無視すれば良いのですが、
何故か私はそんなこと出来ませんw

ついその場で答えを知りたいのです。
不用意にブラウザを立ち上げ、検索し始めます。

ご想像の通り、その後はネットサーフで
作業なんてほったらかしになってしまいます。

そこで、頭に気になることが浮かんだら、
脇においてあるメモ帳に記載して
作業後に調べるようにしました。

作業中に、不用意にブラウザを立ち上げると
作業に復帰するのが非常に困難となります。

どうしても必要な場合を除き、ブラウザを立ち上げないこと、
要件が済んだら、即時ブラウザを閉じることにします。

タイマーを利用して作業時間を決める

人間の集中力が持続する時間は、
90分と言われています。
大学の講義が90分なのもこの理由だそうです。

この持続時間には諸説ありますが、
人それぞれ違う部分もあると思います。

私の場合は、せいぜい40~60分といったところです。
とても90分はもちそうにありません。

なので、私は50分作業+10分休憩の
1時間サイクルで作業を進めることにします。

スマホのアプリを使う手も有りますが、
作業中スマホを手にすると、先述の通り
誘惑が有りますので、ここはキッチンタイマーなど
利用することをおすすめします。

まとめ:実際やってみて

ちょっとしたことですが、上記三点だけでも
ずいぶんな効果が出ました。

特にタイマーで時間を定めてルーティーン化することは
非常に有効だと感じました。

だらだらと時間だけかけて集中できなければ、
作業の成果は伸びません。

2時間机に向かっていても、
実際に作業したのが30分では
掛けた2時間の意味が無いですからね。

私のように集中力がない残念な人間でも
ちょっとした改善、工夫で集中する為の
補助的な仕組みが作れます。

いまいち集中できなくて作業効率が悪い
と感じている人は試してみてください。