finger-56

自分に自信が持てない人は、何かに挑戦する時や、
障害を乗り越えなくてはならない場面において、どうしても行動が
消極的になりがちで結果も振るわないことが多いですね。

結局のところ、一発逆転で人生がひっくり返ることはごく僅かな人にしか
経験出来ないことで、成功の王道とはこれらの場面で
小さな成功を積み重ねることであることは、多くの成功者が
明らかにしてきた体験談から見ても間違いありません。

そして、どのような場面でも小さな成功すらできない人に共通することが、
自分自身に自信が持てていないということです。

自分に自信をもつ ということは世に出版されている自己啓発本を
読んで貰えればいろんな要素が載っています。

その中でも、簡単に自分自身に自信を携えることが出来る方法を今日は
ご紹介したいと思います。

 

それは非常に簡単な方法です。

『成功者になりきって考え、成功者になりきって行動する』

これだけです。

いかなる業界、ジャンルには自分よりも上に立つ存在の人、
成功者と呼ばれる人がいると思います。
もし、あなたがその人だったら、どのような考えを持って
どのような行動を取るかということを常に意識します。

”常に” というのがなかなか難しいとは思いますが、
頑張って続けてみましょう。

行動を真似することは、それほど難易度は高くないかと思いますが、
『成功者になりきって考え』の部分は、その人の思考を読み解かなくては
なりません。

その人の思考を読み解くと言うと、

その人がどんな理念を持っているのか?
その人が何に対して重きをおいているのか?
その人が、どんなことを学んできたのか?

など、その人の思考の根底となるバックボーンをまず知る必要がある。
とお思いかもしれません。

もちろんそれらを理解することができればベストですが、
そんなに難しいことをしようとする必要はありません。
『成功者になりきって行動する』ことにおいて最初は猿マネでも、

「どうして、あの人はこの行動をとるのだろうか?」
「この行動を取ることで、何がもたらされるのだろうか?」
「この行動をとることのメリット・デメリットは?」

このようにその人の思考を想像しながらなりきっていると
不思議とその人の思考が分かるようになってきます。

そして、いつの間にかその人になりきることが出来ます。

もちろん、単なるなりきりだけで「なんちゃって成功者」のままで
良い訳がありませんので、自分自身のスキルを磨くことが必要なのは
言うまでもありません。

しかしその人になりきることで、あなたは擬似的にその成功者と
同じステージに立つことができ、必然的に自信を持つことができます。

私もサラリーマン時代の若いころは、営業トップの人の
真似ばかりしていました。
そのため周りから冷ややかな視線を浴びせられたこともあります。

ですが、ひたすらその人の行動パターンを模倣し、思考を読み解きながら
行動を続けていたらいつの間にか、その人が何を考えているのかが
理解出来るようになり、同時に自分に自信が持てるようになりました。

営業成績も右肩上がりで、そのトップ営業マンの域までは
達しませんでしたが、当時はそれに迫る勢いでした。

成功者を模倣して、理想の自分に近づくことで
自分に自信を持つことが出来たのです。

テニス界で昨年からの活躍が目覚ましい話題の錦織選手も、
彼の活躍の裏にある大きく変化したマインド、特に強烈な自信を
持つことが出来たことが大きく取り上げられています。

彼も、今まで勝利したことがない選手との試合に勝った後の会見で、
「今年は違う選手になったと、自分で思い込んでやってた」
発言していました。

さすがに、世界のトップ10ともなると模倣プレーではありませんが、
それでも、彼の理想のプレーをする仮想の選手の思考を読み解き、
トレーニングを続けた結果であると言えるでしょう。

きっかけは模倣でも、脳に常に汗をかきながら模倣をしていれば、
自分のステージは必ず上昇します。
(模倣する対象を間違ってはダメです)

自分のステージが高められれば、おのずと自信もついてきます。

明日からと言わず、今日から出来る簡単なエクササイズです。
あなたも、試してみてはどうでしょう?