brain-20424_640

出勤途中の電車の中や、外出先などで急にアイデアや
記事のネタが浮かぶことってありますよね

そんなとき、あなたはどうしますか?

①思いついただけで、特になにもしない。
②忘れないように、自分の記憶に焼き付ける。
③後で思い返せるように、メモを取る。

③を選んだ方は、大変立派な方です。
アイデアをしっかりと記録に残すあなたは、どんな分野でも
おそらく将来成功を収めるか、既に成功を収めている人でしょう。

実際ほとんどの方は、①か②ではないでしょうか?

①はともかく、②でも良いような気がしますが、
『人間の記憶ほど、曖昧なものは無い』とよく言うように
大切なアイデア・ネタを頭のなかで記憶するだけでは
不十分でしょう。

しっかりと記憶したつもりでも、他にインパクトの強い
ことが記憶に残ると、結構あっさり忘れてしまうものです。

後で思い返そうとしても、『あれ~?なんだっけなぁ~』
と思い出せないことって結構あると思います。

何より大切な情報である、自分のアイデアやネタは
しっかりと記録しておくべきですね。

そこで、今日あすすめしたいのがこの
Evernote です。

Evernote 日本語ページ

有名ツールなので、「今更かよっ!」 と思う方もいらっしゃると
思いますが、そんな方はどうぞスルーでお願いします。

このEvernote、PCでもスマホでも同期して使えますので
出先で入力した情報を、自宅のPCで見直したり、修正したり
色々活用出来ます。そして、もちろん無料で使えます。

例えば、出先で記事のテーマが頭に浮かんだとします。
頭の中でそのことを色々考えていると、

『◯◯は読者さんに喜ばれそう』

『△△は役に立つ情報だ』

『この—-ってフレーズは説得力があるな』

なんてことが浮かんできます。

そこですかさず、Evernote に思いついたことを片っ端から
入力してください。箇条書きでも何でも構わないので
つらつらと書いていきます。
(テーマは分類したほうがいいかもです)

あとは、帰宅した後や、落ち着いた時に
記事にしていくだけです。

記事作成の段階で、書かれた記事ネタのピースを、
記事作成画面にコピペします。

そしてまず、記事ネタのテーマと結論
(最終的に伝えたいこと)を決めます。

あとは、コピペした記事ネタのピースをテーマに沿って
読者に伝わるように結論へとつなぎ合わせていくのです。

要は、書きだした記事ネタのピース文章として
編集していく作業ですね
文章にしていく過程で、使えないピースは
その記事からは排除してください。

ここまでの工程で、一つの記事が書けちゃいます。
大切なのは、思いついたことをこまめに入力すること
です。

もちろん、紙とペンでも同じことが出来ますが、
コピペしたり、簡単に修正出来る点、入力された情報が
検索できる点などでEvernoteを使うメリットは
あると思います。

塵も積もれば・・・・では無いですが、
スキマ時間にこまめに入力することを
続けていると結構アイデアや情報が溜まっていきます。

仕事中の一服タイムや、ちょっとしたスキマ時間で出来ますからね。

私は、本を読むときにも利用しています。
書籍の中で、印象に残ったフレーズやカッコいいフレーズ
学んだこと、役に立ったこと、感動したことなど
を Evernote に入力しています。

書籍の内容に関してコピぺで記事にすることは
違法なので決してヤってはいけませんが、
その思考や理論を自分の中に取り込むことは
違法ではありません。

書籍を読んで勉強する際も、ただ読むのではなく
自分の血肉にするためにもこうした利用法は有効です。

日々経験したこと、感じたこと、勉強になったことを
こまめに記録したものは、日々情報発信に勤しむ
アフィリエイターにとって、有効なアイテムとなります。

その情報をまとめて発信すれば、読者への情報提供だけでなく、
自分自身の成長に繋がるものですからね。

いい記事ネタを思いついても、書くときには忘れてしまっている
という人は、是非この Evernote を活用してみてはいかがですか?

 

Evernote導入はこちら

 

 evernote_logo_