book-352688_640

あなたの日頃の情報収集方法は何が中心になってますか?

このブログをご覧になられている時点で、おそらくほとんどの方が
「ネットで検索」とお答えになると思います。

インターネットが普及した今の時代には、もっともな回答だと
思いますが、今回は、書籍・書店での情報収集の魅力について
書いてみようと思います。

書籍と検索の情報の違い

 インターネット検索で得られる情報は基本的には無料で、
手軽で即時に得ることが出来ますが、そのソースに関しては
必ずしも確かな正確性があるものとはいえません。

どこの誰だか分からない人が発信している情報には
誤った情報やいい加減な情報が数多く存在します。

そのような情報を元にした情報発信をしてしまえば
誤った情報を改めて自分が広めてしまうことになりかねません。

一方、書籍の情報に関しては、少くても筆者は明らかになっている為
いい加減な情報というものはほとんどありません。

一部内容が薄い、偏った意見からなる情報なども有りますが、
その分野の専門家が研究や調査を重ねた内容が記されていますので、
その情報の中身は、高度で正確なものが多いと言えます。

では、書籍の情報は宝でインターネット検索の情報はすべてクズかと言うと
必ずしもそうではなく、インターネット検索の情報でもしっかりとした
ソースをもとに、より詳しく、いろんな切り口を交えて開設してくれる
有益なサイトも今は多く存在します。

ネット検索を活用する上で大切なのは、その情報がどこまで正確で
信頼性のあるものかを見分ける力を養うことだと言えるでしょう。

 書店は情報の宝石箱

捜す目的が明確になっている場合、先述の通り信頼性のあるサイトからの
情報は無料で手軽に得られますが、漠然とした目的、あるいは目的が明確
になっていない場合、やたらとネット検索で情報を探していると、
ネットに溢れる情報に振る舞わされてしまうケースも少くありません。

どういう事かというと、ネット検索の場合、先日の記事でも少し述べました
「パーソナライズド検索」に代表されるように、あんたの望む検索結果を
表示する仕組みが日々進化しております。

『ネット検索で情報を捜すぞ』 と思っても検索する度に
自分の興味がある検索結果が表示されれば、ついクリック
してしまうのが、人間の本能というものです。

そのついクリックを繰り返している間に、結局情報収集するはずが
単なるネットサーフになってしまい何の情報も得られなかった
という経験は誰にもあるのではないでしょうか。

では、書店に置き換えて考えてみましょう。

書店内をなんとなく歩いていると、無意識に自分の興味がある
ジャンルのコーナーに立ち寄ってしまいます。
私の場合だと、ビジネスや心理学のコーナーに必ず最初に向かいます。

書店での情報収集における最大のメリットは、実際に手にとって
購入前でもその中身を確認できることでしょう。
中身を全て読むわけではありませんが、自分の興味のあるコーナーで
書籍に触れるだけで得られる情報もあります。

そのジャンルの細分化

例えば心理学の書籍一つとっても、専門的な書籍から
心理学ってなに?というレベルのものまで様々です。

あるいは、心理学のジャンルにも社会心理学、教育心理学、
臨床心理学、産業心理学、犯罪心理学など細分化されて
多くの書籍が並んでいます。

心理学をテーマにしたブログを作っていたとして
細分化されたそれぞれのテーマにそって情報発信していけば
記事のネタに困ることなどは無いと言えますね。

タイトル・ネーミング

タイトルの付け方も様々です。平積みになっておらず本棚に
陳列されている多くの書籍類は基本的に背表紙しか見えません。

ですので、お客さんは第一段階では背表紙に書いてある
本のタイトルを見て、その本を手に取るか否かを決めます。

例えば、
A 『武田流 ネットビジネス心理学

B 『ネットビジネスで月収97万円を達成した 誰も知らない心理学

あなたらなどちらの書籍を手にとりますか?
もちろんB を手に取ると思います。 

その書籍を購入するかどうかは別として、見たい、読みたいと思わせる
タイトル・ネーミングは書籍だけでなく、記事作成においても必要です。

記事のタイトルや見出しのネーミングはSEOにおいても非常に
重要ですし、なにより読者の興味を惹くためにはインパクトがあって
具体性のあるものにしなければなりません。

書籍のタイトルは、作者と出版社との間で読者の興味を引くために
熟考されたタイトルの中から採用されます。

様々な書籍のタイトルを眺めているだけでも、ネーミングに役立つ
情報があふれています。

 

書店内をふらふらと散策し、実際に書籍を手に取るまでの間でも
これだけの情報が得られます。もちろん、書籍そのものに書かれている
内容が最も得るべき情報であることは言うまでもありません。

しかし、アマゾンや電子書籍で書籍を探したり、選んだりすること違い、
アナログ的に実際の書籍に触れることからは先述したとおり多くのことを
情報として得ることができます。

書店は情報の宝石箱なのです。

しかし、待ち合わせの時間つぶしなどで、ただなんとなく書店の本を
眺めているだけではそれぞれが発している多くの情報に触れていることすら
感じられていないかもしれません。

一見、大したことではないことから得られる情報の力は、侮れません。
書店に立ち寄る際は、こんな見方で本を眺めて見てはいかがですか?