kensaku

自分のサイトがGoogle検索順位で上位表示されたと喜んでいる方が
まれにいらっしゃいますが、実はこれが大きな勘違いである場合があります。

ブログ初心者の方にはあまり知られていない、この勘違いを招いてしまう
検索結果についてまとめてみたいと思います。

Google パーソナライズド検索とは

Googleには「パーソナライズド検索」という仕組みが導入されていることは
ご存じですか?

パーソナライズド検索とは、検索ユーザーそれぞれに最適な検索結果を
提供するために、過去の検索履歴、IPアドレス等によるユーザーの位置情報、
Google+などSNS上の繋がりなどの要素を検索結果に反映させる仕組みです。

つまり、検索する人それぞれで検索結果が変わってくることになります。

冒頭の例で言えば、自分が運営するサイトは、サイトチェックなどで頻繁に
表示させることになるため、このパーソナライズド検索の仕組みにより
そのサイトの持つSEOパワーとは関係なく、検索結果で上位表示されてしまうのです。

よって、SEO上より正しい検索結果を知る上では、このパーソナライズド検索を
無効にすることが好ましいと言えます。

パーソナライズド検索を無効にするには

簡単に、パーソナライズド検索を無効にする方法をご紹介します。
それは、以前 こちらの記事 でもご紹介した、Google  Chrome という
ブラウザを使用します。

インターネット = インタネット・エクスプローラー(IE)という概念を
お持ちかも知れませんが、それぞれの良さを知るためにも
他のブラウザを使ってみることもオススメします。

この、クロムというブラウザの「シークレットウィンドウ」という機能を使うことにより
パーソナライズの仕組みが反映されていない検索結果を表示させることが出来ます。

画面右上の”三本線マーク”をクリックしてから、”シークレットウィンドウを開く”を選択します。

 cfrome

すると、

シークレットモードになります。
画面左上に、スパイが覗いているマークが出ていればシークレットモード担っている証拠です。

 

seacret

ショートカットキーで作動させるには、Ctrl + Shift + Nで
シークレットウィンドウが開きます。

 

正しい事実にもとづいての分析でなければ、正しいSEO対策は
不可能ですから、SEO作業の第一歩として、自分のサイトを確認する際には
このパーソナライズド検索を無効にした状態での検索結果の確認
することを徹底しましょう。