sinnnobennkyouhou

アフィリエイトで初心者が稼ぐようになるためには、
まず初心者の域から脱出することが第一条件となります。

初心者の域から脱するためには、アフィリエイトに関しての知識・ノウハウ等を
身につけていかなければならないのですが、
画面に映る情報をただ眺めているだけでは当然それらを本当の意味で
身につけ、脱・初心者となることは不可能です。

では、一日での早く脱・初心者を果たすにはどうすれば良いか?
答えは単純でアフィリエイトの勉強をひたすら行うことです。

そんなことを言うと、「教材をひたすら買って勉強しろって話か?」
思われたかもしれません。
もちろん、教材を購入して正しい方向性を確認することは絶対必要ですが、
本当の意味でのアフィリエイトの勉強とはそういうことではありません。

ほとんどの方は、勉強というキーワードからイメージするのは受験勉強では
ないでしょうか?

寝る時間も惜しんで机に向かい、参考書や問題集に沿ってひたすら知識を詰め込み
それをたった一回の本番の入学試験という実戦で発揮させなければなりません。

勉強する期間があって、その最終地点に入学試験というものが存在する。
最終地点に到達するまでは、本番という実戦の機会は存在しません。
(模擬試験とかありますが、最終結果に対して考えれば本番とは言えませんね。)

学習することを継続するという点では、アフィリエイトの勉強法も同じであることは
言うまでもありません。しかし、このイメージのままアフィリエイトの勉強に取り組む
ほとんどの方は稼げるようになる前に脱落していきます。

アフィリエイトの勉強法は、受験勉強との決定的なやり方の違いがあるのです。

それは、
『学習しながら常に本番で実戦を経験し、その結果をもとに考察し更に学習する。』
という点です。

アフィリエイトでの勉強は、常に実戦(実践)の中で行われます。
実戦(実践)の中で体験した自分のミスや、読者の反応を得ることなどが
経験として蓄積され、血となり骨となり自らを強くしていきます。

先ほどの受験勉強の意識でアフィリエイトの勉強に取り組む人は、
書籍や教材で得た知識やノウハウをすぐに実践しない傾向があります。

このノウハウは自分に向いていないのではないか?
他にもまだ有益な情報があるのではないか?
もう少し勉強して、実力がついてから実際のアフィリエイトに取り組もう!
などの解釈で、実際の作業を後回しにする傾向があります。

ひどい人になると、教材を購入するだけで満足してしまい
教材に目を通すこともありません。

お恥ずかしながら、以前の自分もそうでした。
何の為に教材を購入したのか、当時の自分に問い正したいくらいです。

折角得た知識やノウハウも実際に使わなければ
ただのくだらないうんちく話のネタにもなりません。
知識やノウハウは”実践してなんぼ”なのです

アフィリエイトにおける真の勉強法は、
走りながら学び 走りながら考える です。

とにかく知識を得たら、あれこれ考えずに手を動かすことです
考えることは、手を動かしてその結果が出た後でいいのです。

結果が良いものでなくともそれは失敗ではありません。
うまくいかない方法を、身をもって体験して得た経験値なのです。

手を動かし、実践した数だけ学ぶことも増えてあなたの経験値も増します。
知識やノウハウを学んで、蓄積させて、一気に発揮しようとしても
最初の頃に覚えたことは、その時は既に忘れています。

知識やノウハウは、随時実戦でテストすることで学習するのです。
大切なのは 走りながら学び、走りながら考える です。