アクセスアップやWEBビジネス戦略などについて

ネットでしらべていくと、ロングテールという言葉を

よく目にするようになると思います。

 

そもそもロングテールとは、「ロングテール論」と呼ばれる

インターネットが普及した現代におけるwebマーケティング手法です。

 

有名な例ですと、ネット通販でお馴染みのアマゾンですが、

通常の書店では、売れ筋と言われる2割程度の商品を店頭に並べて

売り出しますが、アマゾンではそれ以外の売れ筋でない8割の商品も

大量に扱うことで、全体の売上を伸ばしました。

 

ロングテール

 

グラフで表すと上記のような感じです。縦軸が売上で

横軸が本のタイトル(商品)です。

グラフの右に行けばいくほど先が細く長く伸びている様子が

恐竜のしっぽに似ていることからロングテールと呼ばれます。

 

 

dinosaur-47903_640

 

アフィリエイトでは、販売元として実際に商品を販売する訳では

ありませんので、このロングテールについては、

ロングテールSEOとして呼ばれることが多いですね。

 

ロングテールSEOとは、先述のロングテール論における

売上数の縦軸が検索出現回数、本のタイトル(商品)の横軸が

キーワードに置き換えられます。

 

ロングテールSEO

 

ダイエット関連の検索キーワードを例にすると、

単純に「ダイエット」という大きなキーワードで検索するよりも

「かまぼこダイエット」や「干し柿ダイエット」などのほうが

検索出現回数は少ないですね。

 

SEO戦略として、「ダイエット」というビッグワードで上位表示を狙うよりも

「かまぼこダイエット」や「干し柿ダイエット」などのニッチなスモールワードで

狙う方が当然ライバルが減って上位表示されやすく、ニッチなお客さん・

濃いお客さんが集まりますので必然的に購買率も高くなります。

 

このスモールワードやミドルワード をたくさん盛り込み、

検索上位表示並びに成約率向上を狙うSEO手法が

ロングテールSEOと呼ばれアフィリエイトを行う上でも

大変有効な戦略です。

 

PPC広告でお金をつかったり、鬼のように大量の自演被リンクで

SEOをするよりも、ブログ記事を量産してデータベース化させる

ブログアフィリエイトにはもってこいの戦略とも言えます。

 

但し、ロングテールSEOでアクセスを稼ごうと言っても、

ちょっとやそっとの記事数では効果が無いということも

認識しておきましょう。

 

SEOとしてロングテール効果が現れるまでには、100記事程度は

最低必要と言われています。コツコツと記事を積み重ね

色んな角度から掘り下げることで様々なスモールワードが発生して

最終的にSEOとしての効果が生まれるというイメージでいたほうがいいでしょう。

 

そもそもロングテールSEOとは、手法として狙って行うものではなく、

サイト運営上の本来あるべき姿 = 読者へ有益な情報を発信することを

意識してサイト運営を続けていればおのずと結果が出るようなものだと

思います。