disp 225659

 

ネットビジネスを続けていく上で、文章を書くということを

避けては通れません。

 

文章を書くと言っても、小学生書くの作文のような文面では

読者が共感したり、心を動かされるようなことはありませんので

そこそこの文章を書くスキルを磨かなくてはなりません。

 

文章力を磨くことについては、

 ライティングスキル  文章力はこうやって磨く

でも述べていますが、ライバルを含め他の人が運営している

ブログやメルマガをたくさん読むことが非常に有効です。

 

今回は、ブログやメルマガを閲覧する際に注意したいポイントについてです。

 

自分が読者となった時の行動の理由を理解する

他人のブログやメルマガを閲覧する際、

その記事の内容や読者にとっての読みやすさなどを

客観的に分析をする必要が有ります。

客観的に分析するために一読者としての目線で閲覧しなければなりません。

 

一読者として閲覧していると、記事を読んでいる途中で

そのページを閉じたくなり、閲覧をやめようと行動するか

さらに他の記事を読みたくてカテゴリーリンクからリンクをたどったり、

メルマガのバックナンバーを探したり更に閲覧しようとする行動をとるかの

いずれかになると思います。

 

その行動に出た際、なぜページを閉じたくなったのか

なぜ他の記事を読みたくなったのか その理由をよく考えてみます。

 

例えば、ページを閉じた行動の理由は、

「上から目線の横柄な言葉使いで不快に感じたから」

「文章が読みづらく、結局何を言いたいのか分からなかったから」

 

他の記事を読みたくなった理由は、

 

「文章がとても面白く、興味を引かれたから」

「文章の構成がしっかりとしていて、役立つ情報が分かり易く解説されていたから」

など、そのブログやメルマガによってそれぞれ色々あると思います。

 

それらの悪い点と良い点を、ワードやメモ帳などで記録しておき、

あなたが文章を書く際に、それぞれの内容を参考にするといいでしょう。

 

ページを閉じたくなった要素を自分の記事ではやらないようにする。

逆に、他の記事を読みたくなった要素を自分の記事でも真似してみる。

 

そうしたちょっとしたことでも気づいたことを、あなたの媒体に反映させていくこと

文章力を磨く原動力になります。

 

駄目出しだけでなく、積極的に良い要素も探す

先述した内容を実行していると、ついつい陥りがちになるのが

駄目だしばかりの閲覧・分析になってしまうことです。

 

何かにフォーカスしようとした場合、どうしても他人の欠点ばかりに

目がいってしまう人は結構います。

 

他ならぬ私もその類の人間なのでよく理解出来るのですが、

心の何処かで嫉妬心が芽生えて、ついついその記事の

アラ探しをしてしまいがちなんです。

 

心理学的には、自分自身に何かしらのコンプレックスを感じている人に

ある傾向らしいです。

 

記事を読む際に取る行動についてメモを記録することを先ほど推奨しましたが、

複数の記事についてのメモで 悪い要素しかなかったら、

一度閲覧を止めて、休憩するなど気分転換をしたほうがいいでしょう。

 

そして、同じ記事をもう一度、その記事の良い要素だけにフォーカスして

見直してみてください。おそらく1つや2つは良い要素が見つかるはずです。

どうしても悪い要素しか無いのであれば、そのブログやメルマガは閉じて

違うブログやメルマガを閲覧しましょう。

 

現在は、良質で参考にするべきブログやメルマガなんて星の数ほどあります。

その反面、反面教師にすらならない粗悪なものが多いのも事実です。

 

良いもの悪いのものを見分ける願力を培うためにも、

多くのブログなどを見ることは大切ですね。

 

ともかく、駄目だしだらけの分析になりがちだと察知したら

客観的に見るための修正も必要です。

積極的に良い要素も探してみましょう

 

 

 

この作業を続けていきながら、記事を書いていれば

少しずつ文章力は身についていくと思います。

 

ライティングのプロと称される人たちも皆、

ライティングスキル上達の秘訣は数稽古である

旨の事を言っておられます。

 

ブログ、メルマガ閲覧と記事作成を数多くこなして文章力を

磨いていきましょう。