fork-lockout640

 

『コレ以上は無理だ もう限界です。』

とか

『自分の限界まで頑張りましたが、やっぱりダメでした。』

なんて、”限界”って言葉をよく使う方って結構多いですよね。

 

”限界”って言葉を使う方は、その言葉を口に出したり自分の中で限界だと認識した時点で

それ以上努力することを止めてしまいます。

 

”限界”だと言ってからまだしこしこ行動している人は、

「諦めが悪い」 o r 「何にも考えていない」かのどちらかで、

惰性でやっているだけの場合がほとんどです。

 

”限界”という言葉を使うと私達の脳みそは、

「もう限界ってことだから、コレ以上やってもしょうがないよね」

と勝手に理由をつけて私達の行動にブレーキを掛けます。

”限界”という言葉が、脳の妨害工作を初めさせる引き金になってしまっているのです。

 

では、成功して自由を手にした人は限界という認識についてどうなのか?というと

本物の成功者は、「限界なんてそもそも存在しない」という考えを持っています。

 

どういうことかと言うと、

『限界なんてそもそもそんなものはなく、

人間が諦める事を正当化するために作る単なる口実なのだ』

だから、”限界”という言葉自体は存在せず、存在しないのだから

口に出すこともない ということです。

 

あなたや私達人間の脳は、科学では説明できない大きな力を発揮します。

その力のベクトルが、ブレーキをかけるほうに向いてしまっては

成功~自由なんて、遠のいて何処かへ飛んでいってしまいます。

 

限界という概念とともに、あなたの行動にブレーキが掛かってしまうことを

防ぐために、あなたの思考から限界というものを消し去ってください。

限界という言葉も今から使っては行けません。

 

脳の妨害工作を今すぐ止めさせて、自由への道へ向かいましょう。