アドワーズ(Google Adwords) と アドセンス(Google Adsense) 

どちらもGoogleが提供する広告サービスですが、 イマイチ違いが理解できない

という方のために今日はこの2つの広告サービスについて

解説していきたいと思います。

 

adowordsadosense

 

グーグルアドワーズ

 

 アドワーズとは、広告主がお金を払ってグーグル側へ広告を出稿し、

その広告をグーグル検索結果やアドセンスを利用している

関連性の高いページに表示させる広告サービスです。

つまり、”広告を出稿する側”へ提供するサービスです。

 

キーワードへの入札金額、品質スコアなどの各要素によって

広告掲載順位とともに 1クリックあたりの料金が決められ、

実際に広告がクリックされた回数に応じて広告料金をグーグル側に支払います。

支払い方法については、前払い か 後払いかを任意で決定します。

(但し、この支払方法は後から変更出来ないので要注意)

 

広告出稿による成果やクリックされたデータが結果として得られます。

広告による集客以外にも、後にキーワード選定などでこのデータが

SEO対策をする上で大変貴重なものになります。

 

 

アドワーズを利用してアフィリエイトする手法は、PPCアフィリエイトなどと呼ばれています。

(PPCとは「Pay Per Click」の略で、アドワーズなどのリスティング広告のことを指します。)

 

広告を出稿して自分のアフィリエイトサイトを検索結果で上位表示させて集客し

短期間でアクセスを集めてアフィリエイトする手法です。

 

発生したアフィリエイト報酬から広告出稿料を差し引き、それがプラスになれば

黒字になるし、マイナスになれば赤字になります。

キーワード選定のスキルと広告費という出費が必要となる手法です。

 

スポンサードリンク

 

グーグルアドセンス

 

アドセンスは、サイトオーナーがグーグルへアドセンスの登録を行い、

自分のサイトに関連する広告を表示させ、その広告がクリックされた回数などに応じて

報酬を得る事ができるサービスです。

つまり、広告を表示させて報酬を得るサイトオーナーへ提供するサービスです。

 

表示される広告は、サイトオーナーがグーグルから提供されたjavascriptをサイトに埋め込むと

そのサイトの内容に関連のある広告をグーグル側で自動配信して掲載させる仕組みです。

通常のアフィリエイトリンクと違い、販売停止などによるリンク切れなどが起こることはありません。

 

クリックされるごとに報酬が発生することから、様々な不正クリックを防止するシステムを

グーグル側では開発・運用しており、万一不正を行った場合は、アカウント停止などの

厳しい処分が待っていますので十分に注意が必要です。

 

また、アドセンスを始めるために登録する際、グーグル側の審査を受けなければならないのですが、

この審査は近年非常に厳しくなってきており、サイト内の配置の適正、記事数や文字数などのチェックが

2回行われます。(一回目はコンピューター 二回目は人間によって行われる)

 

クリックしてもらってなんぼのアドセンスなので、稼ぐためにはなんといっても

アクセス数が必要であり、クリックしてくれる訪問者が数多く居ないと話になりません。

 

アドセンスだけで大きく稼ぐ為には、必然的に莫大なアクセス数が必要となることから

コンテンツのボリュームがあり、ロングテールを集められる規模の大きいサイトを

所有していることが必然的な条件になります。

 

ですが、

単純にクリックすれば報酬が発生するシステムであり 、

広告の選定やバナーの張替えなどの作業もいらないアドセンスは

初心者の方の入門編には向いているかもしれません。

 

まとめ

 

アドワーズは広告主向けのサービス、アドセンスはサイトオーナー向けのサービス。

いずれもグーグルから提供される有料なサービスで、その仕組の凄さには

もう ただ ただ 感心するばかりです。  考案した人は本当に凄いですね。

 

グーグルからは、他にも様々な優良なサービスが提供されており

今後も増え続け、さらに進化していくでしょう。

今後もグーグルの進化に注目です。

 

 

 

当サイトでは、今後も使える情報を紹介していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。