wrestling

 

アフィリエイトを行う上で代表的な媒体といえば、
ブログとメルマガの2つが思い浮かびます。

どちらが良くて、どちらかが悪いということは無く、
それぞれ一長一短あります。

 今回はそれぞれの特徴について比べてみたいと思います。

ブログについて

 ブログは、待ちの媒体でPULL型なんて言われています。
ブログを作って、そこに読者さん訪問してくれるのを待つわけです。

最大の長所は、記事を積み重ねてそのブログテーマについての
数多くの濃い情報がデータベース化され、多くのアクセスが集まった時に
ほったらかしで不労所得を生み出す媒体となることです。

 ほったらかしと言っても、定期的な最低限のメンテナンスが必要であることと、
一定以上のコンテンツとアクセスの量がもちろん必要となります。

また、文章力があまりない、自分の書く文章に自信がない人にも、
文章意外の画像や音・動画などを活用して文章力を補うことができる媒体です。

 待ちの媒体であることから緊急性の高い情報が伝えにくく、
こちらの見てほしいタイミングで読者さんにブログ記事を見てもらうことはできませんので、
『明日、発売』 『今週いっぱいで締め切り』などの”旬”な情報を伝えられません。

このリアルタイムなお知らせが,不得意であることが短所といえるでしょう。

 

メルマガについて

一方、メルマガは攻めの媒体・PUSH型と称されます。
お客さんのメールボックスにダイレクトに情報を伝えに行きます。

 これが最大の長所であり、『今すぐ!』の情報をリアルタイムで発信することにより
訴求力次第では短期間で爆発的に稼ぐことが出来ます。

 実際に、既にブランディングが確立されたトップアフィリエイターで
卓越したライティングテクニックをマスターしている方などは
メルマガをたった一通出すだけで、何百万もの報酬を得ています。

しかし、メルマガはブログと違い画像・音声・動画などの文字意外での
要素が使用出来ない為web技術が不要である半面、文章のみで訴求することになり
どうしても文章力が不可欠となります。

読んでも理解できない、お客さんが興味を示さないそんなメルマガは
報酬が上がる上がらない以前に解約されたり、解約されずとも読んでもらえなくなります。
メルマガ発行の前には、十分に文章力を磨く必要があるでしょう。

また当然ですがメルマガは、発行することをやめると報酬がストップしてしまいます。
ブログと違い、どんな優れたメルマガでもメルマガ発行のみでは、
ほったらかしの状態は築くことは出来ません。

下記にそれぞれの特徴を表にまとめてみました。

WS000005

 

 それぞれに良い面、悪い面がありますが、
光と影のように、それぞれの長所短所が対になっていると言えます。

どちらか一方に絞ってアフィリエイトしなくてはならない
ということは無く、この2つの媒体をどちらも利用し、融合することにより、
長所を活かしながら それぞれの短所を打ち消しあうことが出来るのです。

 例えば、新車を販売するカーディーラーには、ピカピカの新車を展示する
ショールームが有り、営業活動の面では、積極的にお客さんのもとへ訪問する
営業マンがいます。

 ショールームに来たお客さんをもてなし、実際のピカピカの新車を見てもらって
販売を訴求するパターンもあれば、お客さんのお宅を訪問して車を買い替えそうな人へ
直接売り込みを仕掛けるパターンも有り、それぞれ実際に行われています。

 ですが、単独でそれぞれを行わなくてはならない理由はなく、
ショールームに来ていただいたお客さんをその後訪問して成約までもっていく、
あるいは、訪問先のお客さんをショールームへ招待して実車を見てもらい成約する。
などの組み合わせパターンもあるのです。

 アフィリエイトもこれと同じで、
ブロクに訪問してくれたお客さんにメルマガ読者になってもらい、
メルマガの長所であるダイレクトかつリアルタイムな商品紹介をする。
メルマガ読者さんをブログに招待して、メルマガでは見せられない画像や動画を利用して
商品を紹介したり、膨大なデータベースでお客さんを惹きつけ、リピーターにする。

こんな感じで ブログ→メルマガ メルマガ→ブログ ブロクとメルマガを
融合させることでそれぞれを引き立てるのです。

実際に、稼げているアフィリエイターのほとんどが、
ブログを運用しながら、メルマガの発行して、
大きく稼いでおり、今や稼ぐためには必然的な手法と
なっています。

 『稼ぐためには稼いでいる人の真似をするのが一番早い』
とは、誰の言葉か忘れてしまいましたが、まさに仰るとおりだと言えます。

稼いでいる人がやっていて、真似できないほどのことではない・・・
あなたがやらない理由がありますか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。