PAK25_mansatutotenbou500

 

今日は、初歩的なマーケティング用語について

いくつか解説したいと思います。

 

マーケティングと言うと、難しい単語が出てきてよくわからない

という方がいらっしゃいますが、自分の商品を売るのにも、

人の商品をアフィリエイト(紹介)するのにも

マーケティング用語の意味を理解しているのとそうでないのでは、

成果にも大きく差がつきますのでしっかりと抑えておきましょう。

 

フロントエンド

最初に売る商品。顧客との最初の繋がりとなる商品。

または、顧客と関係を築く為の入り口になる要素。

 

アップセル

最初に売る商品(フロントエンド)の上位に当たる商品(ハイグレード商品)。

 

クロスセル

最初に売る商品(フロントエンド)に関連して販売を推奨する別の商品(オプションなど)。

 

バックエンド

フロントエンド⇛アップセル・クロスセルを経て顧客を集客した後、

その顧客に対して販売する利益率の高い商品。

 

 

 

ちょいと分かりづらいと思いますので例を上げると、

 

———————————————–

 

例えば、あなたが自動車ディーラーのセールスマンだとします。

 

ショールームにいらしたお客さんと人気車種の商談に

入りました。

親身に対応した姿勢も評価されたのか、商談はスムーズに進みました。

 

無事ファミリーセダンのご注文を頂きます。 【フロントエンド】

 

無事一台受注となり、ホッと一安心。

と普通のセールスマンならこれで一段落・・・

ですが、あなたは並みのセールスマンではありません。

しっかりとマーケティングを学んだセールスマンです。

 

あなたは、和やかなムードで進んでいたその商談の流れで

お客さんが選んだグレードよりもさらに上級クレードの車種

が如何にすばらしいか、豪華で優越感を味わえるか

をさり気なく説明します。

 

すると、お客さんはあなたのセールストークに酔いしれ、

あなたが説明した上級グレードを注文することにします【アップセル】

 

車種も決まり、新しい車でドライブに出かける優雅さで頭がいっぱいになった

お客さんに対して、あなたはオプション製品としてロングドライブに役立つ

ナビゲーションシステムや荷物を積むのに便利なルーフキャリアを奨めます。

 

お客さんは、あなたに勧められるがままそれらのオプション製品の購入を

即決します【クロスセル】

 

その数週間後、に無事お客さんの元へピカピカの新車が納車されました。

 

—— さらにそれから数カ月後 ——

 

お客さんの元へ、あなたからダイレクトメールが届きます。

その内容は、

もうすぐ、お客さんのお車を納車してから一年が経ちますので、

有料の一年点検を受けてください。  【バックエンド】

というもの。

 

—— さらにそれから数年後 ——

 

お客さんの元へ、あなたからダイレクトメールが届きます。

その内容は、

もうすぐ、お客さんのお車の新型車種が発売になります。 

これを機会に新型車をご購入ください。【バックエンド】

 

———————————————–

 

実際には新車の販売がこんなにスムーズに行くことはごく稀ですが、

分かりやすく、新車の購入から次のセールス(バックエンド)までを

ご説明しました。

 

あなたはもうお分かりだと思いますが、

フロントエンドからアップセル・クロスセルを経て

あとは延々とバックエンドが続きます。

売り手側からすると、延々とバックエンドで儲け続けられます。

 

極端な事を言うと、フロントエンドで多少の赤字だったとしても

バックエンドで利益を出し続ければビジネスとしては大成功と言うわけです。

 

 

以上、マーケティングにおける初歩的な用語ですが、

ビジネスを行っていく上では理解しておく必要があります。

 

他人のビジネスの中で、どういうものを

アップセルやバックエンドにしているかが解れば、

あなたのビジネスのヒントになるでしょう。