a0002_011006

 

ブログやメルマガなどのweb媒体を利用する

我々のビジネスですが、文章を使った集客やセールスは

どんなに時代が進んでも廃れる(すたれる)ものでは無いでしょう。

 

そこで、webビジネスに携わる人間は

絶体に身につけておきたいスキルが

ライティングスキルです。

 

ですが、自分で書いた記事を見直すと

 

遠回しな言い方が多く、どうもしっくりこない。

もともと文章力が無いので記事がうまく書けない。

ブログ記事やメルマガからの反応が全く無い。

 

など、ライティングに関して悩みを持っている方は

結構いらっしゃるのではないでしょうか?

 

私も、ブログで記事を書き始めて気づいたんですが、

相手に伝わる文章を書くのが上手ではありません。

 

サラリーマン時代は自分で書いた報告書や稟議書、

予算書などの書類を自分で見てもなかなかうまいんじゃないか

と思っていましたが、とんでもありませんでした。

 

要件や業務の詳細を述べるだけのビジネス文章と

特定の相手がいるブログやメルマガでの文章は

全く異なるものだということを実感しました。

 

今回はそんな私が、大抵のことは努力次第でなんとかなると

根拠の無いポジティブ思考で行っている私なりの

文章力を磨くトレーニングについてまとめて見たいと思います。

 

お手本としている人のブログ、メルマガをとにかく閲覧して研究する

 

自分でブログ運営やメルマガ配信をするのであれば、

ライバルサイトや他人のブログ、メルマガは当たり前に

見ていると思います。

 

その中でも、この人の文章は

読みやすい・理解しやすい・共感出来る

そういった記事を書く、目標としたい人が

必ずいると思います。

 

そのような目標としたい先輩アフィリエイターのブログ、メルマガを

とにかく読みます。

 

読むと言っても、ただ読むだけではただの読者になっちゃいますので

販売者・アフィリエイター目線で読みます。

 

テーマの提示の仕方、問題提起の仕方、

事例のたとえ方(比喩方)、意見の述べ方、

読者を惹きつけるユーモラスな表現など

 

この辺りをお客さんに伝える為にどんな工夫をしているかに

フォーカスして読んでいきます。

 

文章作成がうまい人は、読者に伝える表現力が

非常に豊かです。

 

そうした表現方法を自分の中に取り入れられるように

参考にして自分の記事作成に役立てます。

 

相手を思いとにかく書く! 毎日記事を書く!

 

どんなに文章が旨い人でも口をそろえて言うセリフが

 

『最初のうちは、ひどい文章しか書けなかった。

多くの文章を書くことで徐々に上手くなっていった。』

 

です。

 

何事も最初から出来る人は、この世に多くはいません。

中には、文才に恵まれた人もいるかもしれませんが、

ほとんどの人は、多くの文章を書くことによって文章力を

磨いてきました。

 

文章力を身に付けることを突き詰めれば結局

数稽古

ということになるでしょう。

 

記事を書くときは、お客さん目線で書きます。

 

お客さんがこのフレーズに対してどんな感情を抱くか、

この例えはお客さんに分かりやすいか、

この表現の仕方はお客さんに伝わりやすいか

 

お客さんがどういう反応するかを想像しながら

文章を構成してきます。

 

いくらあなたが満足する文章が書けても

読んでくれるお客さんの反応がなければ

全く意味が無いのです。

 

ブログの主役はいつでもお客さんだということを

忘れないようにしましょう。

 

 

文章力を磨くことは、ライバルに対して

大きなアドバンテージになることは明らかです。

 

ライティングテクニックなんて聞くと派手で格好いいイメージですが、

本質的に大事なのは、読者への気配りと地道な行動なのだと思います。