umi0181-073

 

 

あなたは今夢を持っていますか?

 

雇用されていることで何かと縛られることが多いこの世の中で

我々が抱く夢は子供の頃に抱いていた

パイロットになりたい、サッカー選手になりたい、弁護士になりたい

など「~になりたい」夢とは違って、あなたの憧れる

ライフスタイルに関するものに変わっていると思います。

 

サラリーマンという奴隷生活から抜けだし、経済的、時間的自由な生活を

送りたい。

世界中を仕事のことなど気にしないでのんびり旅したい。

明日のことを考えずに家族とゆっくりと過ごしたい。

 

そんな、自分のライフスタイルを豊かにする 夢を実現させるために

あなたは行動をしていますか?

 

”その他大勢の人”は、成功者は特別な才能を持っていて

自分には才能がないから同じことをすることは不可能だ。

と、何かを始める前にあきらめ、何一つ行動しようとしません。

 

或いは、行動を始めるも結果が出ない途中で同じことに

気付き(気付いたことにして)、行動をやめてしまいます。

 

では、

本当に成功した人達は本当に特別な才能を持っていたのでしょうか?

 

夢を叶えた成功者といえば、小学生の頃作文に書いた

自分の夢、『イタリアの倶楽部で10番をつけてプレーする』を

見事叶えたことで有名なサッカー日本代表本田選手ですね。

(イオンの夢ノートのCMで本田選手に夢は見たことあると思います。)

 

彼はNHKの番組の中でこんなことを言っていました。

 

『ゼロとは僕は言わないですけど、天才なんかこの世の中に

ほぼいないと思っています。

才能の差は若干なりともあるというのも認めます。

ただ若干でしょう?っていうことを僕は言いたいです。

ライオンと格闘するわけじゃない。馬と競争するわけじゃない。

「あいつが別の生き物だ」とか、「あいつだから」っていう考えは

馬やライオンにすればいいんです。

そんな天と地がひっくり返るほどの差はないでしょう?って。

だから僕よりも才能のある選手に僕は今までも勝ってきたし、

なぜならそんな差はなかった。

でも「その差は大きい」と見るか、「越えられるもの」と見るかは

自分しだいなんです。それをみんな自分の限界を決めてしまって、

挑戦することをやめてしまうんです。

だから夢がかなわないなんていうことになるんです。

「夢がかなう」とは僕は子どもたちに言ったことはないですよ。

「大きな夢を持ってください」と僕はいつも言うんです。

なぜそれを言うか。「絶対にかなう」っていうふうには

僕は言ったことも1度もないし、ただ頑張ればかなう可能性があるわけですよ。

頑張るということは自分で決められるんです。

頑張るか、頑張らないかは。

だから「その夢をかなえる可能性があるかどうかは、あなたしだいですよ」って言う。

常にチャンスはその本人にあったほうがいいと思うんです。

ただ、がんばるつもりがないなら、夢はかなうわけがないんです。

僕はどんな人にも、どんな位置に今いる人でも、チャンスはあると思う。

それを目指すかどうかは明日からじゃなくて、今日決めるんです。

やれることは今日からあるんです

 

NHKプロフェッショナル仕事の流儀 独占インタビュー エースの覚悟

プロサッカー選手・本田圭佑 より

 

いかがでしたか?

ブラジルW杯以降、ただのビックマウス的な扱いを

マスコミから受けていた本田選手ですが、

挫折を乗り越えてイタリアで夢を叶えた彼らしい

重みのある言葉ですね。

 

夢を叶えた彼だからこその言葉でもありますが、

大事なのは

”どんな人間にもチャンスはある”

”夢を叶える可能性があるかどうかはあなた次第”

 

夢に向かって行動しましょう。

目指すのは明日からではなく、今日決めるんです。

今日、今から始めましょう。