世界のトップメーカー・トヨタ自動車社内に浸透している
と言われる”カイゼン”。

世界中の企業が模範とするその行動指針は、トヨタの社員が持つ様々な”思考の型”によって
生み出され、継承され、そして今では”会社の色”みたいなものになっているのでしょう。

今回ご紹介するのは、そのトヨタ自動車でメカニックとして勤務していた筆者が
物語形式でそのトヨタの”思考の型”を解説している書籍です。

 

物語は、とあるサーバー会社のさえない営業マンを主人公に進んでいき
その会社に赴任してきたトヨタ出身の取締役のアドバイスを受けながら
それぞれの”思考の型”を学びながら進んでいきます。

サラリーマンとして会社の一員として働く場合も、
独立起業して自分で組織を持つ場合でも参考になるのではないでしょうか。

実際にトヨタに勤めたことがないので、これらの”思考の型”が実際にどこまで
社内で浸透しているかは判りませんが、マインドセットとしての原理原則みたいな
ところが非常に納得させられ、トヨタ自動車が世界市場を席巻している訳が納得できます。

『頑張ることは汗を多くかくことではない』『自働化』『ベンチマーク』『巧遅より拙速』
など、私達が実現させるべきスモールビジネスにも大いに参考になる内容でした。

最後の方は、大企業内ならではの社内人材マネージメント的な考え方など
末端サラリーマンの心構えみたいな内容ですが、そこら辺を差し引いても
”思考の型”を知りたい、学びたいという人にはおすすめできる一冊だと思います。

ストーリー仕立になっているので、普通の実用書よりも読みやすく、
内容が頭にスッと入っていく感覚が有るはずです。